FC2ブログ
1泊2日の温泉旅行!
2011 / 03 / 29 ( Tue )
3/21~22の2日間、職場旅行(「社員」ではないので社員旅行ではないんですが、そんな感じ)に行ってきました~♪ 図書館が休み(月曜祝日+火曜が振替休日のため)で連休になるので「行こう!」ということになったんですよ。年末頃から、姐御さん主動でちゃくちゃくと計画が進められていました。


ちなみに、行き先は湯布院。
ざっくりした日程はこんな感じです。

・1日目…ステンドグラス美術館&ステンドグラス体験、トリックアート美術館。
・2日目…湯の坪街道で買い物。下関市立中央図書館の視察(ってほど大したことしてませんが。『見学』の方が正しいかも)。


詳細は以下です。
<1日目>
湯布院までの移動は車。館長が自家用車を出して下さったあげくに、運転手もしてくださいました。ありがとうございます……!

予定通り、お昼頃の到着。
ご飯はここ、 四季庵 の「お食事処 四季庵」で食べました。(※宿泊もできるらしいです)

白川郷にあった合掌造りの家を移築したそうで、風情のある造りになっていました。暖房は用意してあったんですが、ちょっと寒かったのが残念だったかも。
2階が見学できるようになっているので、待ち時間にはぜひそちらへ! 黒光りするような太い梁とかは圧巻です。
そして食べたメニューがこちら。

四季庵昼食

ええと、「団子汁御膳」だったかな?
お汁だけでもかなりボリュームがあって、満腹になりました。薬味の柚子胡椒の風味が、個人的にすごく好きでした。




午後からは 由布院ステンドグラス美術館 へ。

どちらの建物も、写真で見るよりこじんまりしています。
でも、ステンドグラスはすごく綺麗。写真撮影が禁止されていたのが残念です。
ちょうど結婚式があるらしく、教会では賛美歌の練習をされているのを見ることができました。
「アヴェ・マリア」みたいな知っている曲でも、教会で、しかもオルガンの伴奏付で聞くと荘厳。

一通り見学を終えてから、すぐ近くにある体験工房へ。
「何か体験モノをしたいよね~」という話をしてたんですが、陶芸と迷ってこっちに決まりました。
水城はフォトフレームを作りました。作品だけの写真撮ってないのでUPできないです、すみません。
所要時間は1時間ちょっと、かな? はんだごてなんて使うの、中学校以来でしたよ。ものっすごいビビリながらやってました。
思った以上に色んな工程があって大変でしたが、面白かったです♪


続いて行ったのがこちら 湯布院トリックアート迷宮館 。

湯の坪街道にあります。専用駐車場はないので、近くの有料駐車場(1時間200円。1日500円のところもあったので、時間によってはそっちの方がお得かも)に停めました。
ここはね~!ホントに楽しかったです!! 目の錯覚ってすごいな!!
人物が映ってる(しかもすごいテンション上がってる)写真しかないので、UPはひかえさえてもらいますが、写真で見たら「こうなるんだ!」と驚くものと、生で見ないと分からないものがあるので、ぜひ行って写真撮ってみてください! 友達同士とかで行ったら、かなり盛り上がると思います。



そして、夕方に温泉宿へチェックイン。
今回泊まったのはこちら、 由布院湯めぐりホテル 三光園 。

大浴場だけじゃなく、露天風呂もたくさんあります。貸切露天風呂(大露天風呂よりちょっと小さい)がいくつもあって、しかも予約不要!時間無制限!!
空いてたら、入り口の札を「使用中」にひっくり返して、好きに使って良いというシステムだったので、凄く良かったです♪ のんびりできるし、カップルとかにも優しいシステムだと思う。
姐御さんと一緒に貸切風呂入った後、ホテル3階にある内風呂にも入りに行っちゃいました。
どちらも湯加減はちょっと熱め。でも気持ちよかったです~! 癒されました。
2日目も、朝食の後に大露天風呂に入りに行きましたしね。時間的なものもあるのか、広々した露天が貸切状態ですごく幸せでした。

そして夕食がこちら。

三光園夕食

量、多い……! 美味しかったんですが、お腹十二分目くらいまで詰め込んだ感じでした。



<2日目>

8時から朝食。
ものっっすごい頑張って起きて(※何度か言ってますが、水城は信じられないくらい朝弱いです)、食べに行きました。しかもまた、この朝食もボリュームありすぎなんだ……。これが夕食でも全然問題ないよって量で、もちろん食べ切れませんでしたよ。 私は、朝食はスナックパン1本で、お昼休憩が後半(13時前くらいからご飯休憩入る)でも全然大丈夫なくらいなんだってば(涙) 皆を待たせないように食べるので必死で、写真が撮れてないです。すみません。

ちなみに、食後のコーヒーを飲んだ喫茶室にあったテーブル。

誰の趣味なんだろう…

めっちゃ真顔。そして訳分からないポーズ。
あまりの衝撃に写真とっちゃいましたよ! 一体、誰の趣味なんだろこれ(笑)


その後、朝風呂入りに行ったエレベータの中で「やっといつものテンションになってきたね(笑)」と言われ、部屋に戻って出発までまったりしてる時に、「水城さんって、朝いっつもあんな感じなん?」と聞かれました。「いや、今日はいつもよりだいぶ頑張って起きてましたよ!?」と答えると爆笑されましたよ。心外だ!

別の方からは「いつもキチっとしてる水城さんの、あんな一面が見れてちょっと安心したわ~」とほほえましい顔を向けられたりもしましたし。……一体私は、どんだけ完璧超人だと思われていたんだろう。




そんなこんなで宿を出て、立ち寄り湯がある老舗旅館 山のホテル夢想園 へ。
開いてすぐの時間だったせいか、150畳の露天風呂がなんと貸切状態!
晴れてもいたので、由布岳が見えて絶景でした。……ちょっと寒かったですけどね!お湯の温度は熱めだったので、ちょうど良かったです。


そして、ほこほこしてから湯の坪街道へ。
そこまで広くはない通りで、車で行くとすれ違えないし、歩行者を避けるのにも一苦労。ですが、お土産物屋さんが立ち並んでいて、活気があります。
皆で色んなお店を巡っていた(店内では自由行動)んですが、とある1000円均一ショップで姐御さんに「水城さん!」って呼ばれました。

「これ! どう?!」
 姐御さんの手にあるのはチャイナドレス。
「どうって……中華って感じで素敵ですね?」
「水城さんのことだから、買ったら着てくれるわよ!」
 もう一方(9月から務めてらっしゃる方。母と同い年)から姐御さんへ予想外の援護射撃。
「だよね! どの色がいい?」
「ちょ、えええ!? 無理ですって! 着れませんよ!」
「大丈夫大丈夫!」
「いや、『大丈夫』の根拠が分かりませんから!」


……いや、買いませんでしたからね?(笑) 私そんな色気ないアルヨ。



それからも、各々お目当てのおみやげものを買いまくりました。事前にるるぶで調べてたんですが、職場が図書館だというのは便利だなあとつくづく思います。旅行ガイド本買わなくてすむので(笑)
私は、友達へのおみやげにハチミツ買ったり、ストラップ買ったり、自宅用に和傘(濡れたら桜の模様が浮き出るんですよ!)とかバウムクーヘンとか和菓子を買いました。館長は地ビールとか日本酒買ってらっしゃいましたが。お酒関係は「はかり屋」ってお店が充実していたのでオススメです。
狙ってたロールケーキは、カット分がもう売り切れてました。残念。


ショッピングを満喫し、荷物が行きの倍以上に増えたところで車に戻り、いざ帰路へ。
買い物しまくったせいか、ランチ食べた時間が14時前。
だいぶ時間が押していたんですが、図書館見学はもちろん外せない!


ということで、帰路の途中で高速降りて 下関市立中央図書館 へ。
生涯学習プラザの中にあるんですが、今年オープンしたばかりで超新しい。児童書と一般書の階が分かれてるっていうので、もう規模の大きさが分かるかと。
設備も最新鋭で、自動貸出システム(セルフレジみたいなの)とか、PCで入力したら書庫の本が自動でカウンター側まで出てくるのとか、ハイテクにもほどがあるだろ!近未来か!って感じです。(以前、館長が視察に行ってらしたので、書庫内の写真は見せて貰ってました)


まあ、今回は連絡とか入れてないので、視察というよりは一利用者としての見学です。目線は利用者とはちょっと違いますが。
館内で「配架が~」「分類が~」「この申込書の書式が~」「館内の注意書きが~」とか話してたので、職員さんたちには「何だこいつら…」と思われたかもしれません(苦笑)

規模も設備も違いすぎたので、残念ながらあまり参考にはなりませんでした。
「いいなぁ…」「これ、うちの館にも欲しい」「うらやましい…」「お金あるんだねぇ…」とかいう言葉が何度飛び出したことか。
普段、皆で他の図書館を見学するなんてことはないので、良い経験にはなりました。



あとは、高速乗って、ICでコロッケ買い食いしたりして、結局、解散場所に着いたのは予定時刻2時間過ぎでした。まあ、翌日は全員出勤なので恨みっこなしでよかったですが(笑)


皆での旅行は初めてだったんですが、とても楽しかったです。
帰った翌日にはもう「次はどこ行く?」という話が出ていたので、恒例行事になりそうな感じです。
スポンサーサイト



00 : 17 | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<色々読破。 | ホーム | 温泉旅行なう!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pastelnote.blog52.fc2.com/tb.php/202-30fd8364
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |