スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- | スポンサー広告 | page top↑
「もしドラ」、「地獄堂霊界通信」5冊、「もしもトイレで地震にあったなら」読破。
2011 / 01 / 15 ( Sat )

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
(2009/12/04)
岩崎 夏海

商品詳細を見る



完全版 地獄堂霊界通信(1) (講談社ノベルス)完全版 地獄堂霊界通信(1) (講談社ノベルス)
(2008/12/05)
香月 日輪

商品詳細を見る



もしもトイレで地震にあったならもしもトイレで地震にあったなら
(2010/11/01)
やざき せうざう

商品詳細を見る



以上読破ですー。いつものような個人的な感想は以下。
・「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」(著:岩崎夏海)

 通称「もしドラ」。正式名称がうろ覚えだったので、図書館で利用者さんに聞かれたときに検索するのに苦労しました。著者名も覚えてなかったし。かなり人気があって、今も予約がものすごく続いています。
 内容としては、アイデアはすごく面白いなと思いました。「高校野球」と「経営」という組み合わせが意外だったし、具体例が分かりやすいので、経営学について全く無知な私でも「そういう意味か」と納得しながら読めました。
 でもまあ、小説としては……正直うーん…という感じです。お好きな方には申し訳ないですが、私の好みではありませんでした。文章も。ケータイ小説みたいな話を読まれる方には、良いのかもしれませんが。



・「地獄堂霊界通信」(著:香月日輪)

 おや? 壁井ユカコさんと同じく、この人の作品の感想書くの今回が初めてなんですね。児童書~主にYA(中高生向け)の話を書いてらっしゃる方です。西洋風世界の「ファンム・アレース」や、現代日本が舞台の「妖怪アパートの幽雅な日常」シリーズとか江戸っぽい世界の「妖怪瓦版」シリーズなどなど。今は「僕とおじいちゃんと魔法の塔」を読んでいるので、また読破したら感想書きたいです。


この「地獄堂霊界通信」は元は児童書だったのを、改稿して一般書(新書サイズ)にリニューアルされています。
でも、元が子供向けのファンジーとあなどることなかれ。
小学生3人組が、「地獄堂」の通称妖怪ジジイの異世界の力を借りて事件を解決する、というストーリー(大雑把ですみません…)なんですが……内容は深い、です。介護の問題とかいじめの問題とか交通事故とか。描かれているのが身近な問題だけに、色々と考えさせられます。

でも、迫力は児童書版のほうがが遥かに上です。あの挿絵の怖さがね……! 児童書は、小学生くらいの時に読んだんですが、おじいさんがものすごい勢いで走ってくる絵とか、今でもはっきりと覚えてますもん。怖すぎる。
その点、この一般書は挿絵0ですし、表紙の絵も可愛らしくなってるので夜でも安心して読めました(笑)



・「もしもトイレで地震にあったなら」(著:やざきせうざう)

生協の白石さんと同じ大学に務めてらっしゃる、司書の方のエッセイ。
面白かったです。色々と共感できるところが多くて!
司書の職業病で「他の図書館を見学する時に、書架の間に入ったとたん、棚整理を始める人が何人もいる(P17)」っていうのがあったんですが、私はもうそれが「書店で発症してしまう(P18)」レベルの依存症です(笑) だって、気になるんですもんっ……!
そんなにあからさまにはしませんが、置き去りにされてる本をさりげなく元の場所に戻したりとかはしますよ、普通に! 「普通に」しちゃうっていうのがもう依存症なんだろうな……。
他市の図書館でも、書架眺めてると普通に「前出し」(=書架整理)しそうになります。というか、自分が手に取った本を戻すついでにしますから、前出し。私が見た後は、何か本がキレイに揃ってる(笑)

図書館関連では真面目な話も入っているので、
指定管理者制度(=民間委託。行政側としては、司書なんて安く使い捨てる気なんだよ!)とか、
本の無断持ち出し対策(警報装置が高いのも導入できない大きな理由だと思う)とか、
複雑な図書館員事情(非正規職員は、どう頑張っても正規職員にはなれないからね…確かにモチベーションの維持は難しいよ……)とか、
レファレンスのあれこれ(大切なのは分かってるけど、なかなかに難しい)とか、
電子書籍の扱い(国会図書館が動き出しましたね。昨日の新聞で見ました)とか、
図書館も問題が山積みなんだよねーと色々と思いを巡らせながら読みました。

でも、基本的にはくすりとするエピソードがほとんどです。
温泉の話(「湯口で口をすすがない」って注意書きがあるの!?)とか、右側通行か左側通行かの話(関西圏の駅は私鉄もJRも全部、左側通行だった気がするんだけどな…)とか、楽しみながら読めました。
スポンサーサイト
16 : 38 | 読書 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<雪やこんこ2 | ホーム | 雪やこんこ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pastelnote.blog52.fc2.com/tb.php/182-d9d32aa6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。