FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- | スポンサー広告 | page top↑
下関&門司、1泊旅行詳細
2010 / 10 / 21 ( Thu )
今月9~10日に行ってきた、1泊旅行の詳細です。
「詳細は後日」と言ってはいますが、例の如くやっぱり後日すぎるよ水城。


夏に神戸にご一緒した関西の方と、今度は2人での旅行でした。
ほんとは前のメンバー3人で、と計画してたのですが、もうお1方は都合がつかないとのことだったので。

ざっくりとした日程は、1日目=下関(海響館ほか)、2日目=門司(門司港レトロ)です。
写真が多めですので、重かったらすみません。
以下、追記にてー。
<1日目>
10時半くらいに新下関駅で落ち合い、下関へと移動。
関西方面からの新幹線はものすごい混雑だったそうです。自由席、帰省ラッシュ並みだったとか。
各駅停車のこだま号だったので、水城は楽々座れました……。何かすみません……。


まずは、予約を入れていた下関グランドホテルに、荷物預けに行きました。フロントスタッフの方がとても丁寧で感じが良かったです。
このホテルは、部屋も綺麗で広いし、海響館へも、フェリー乗り場へも、唐戸市場へも徒歩圏内と立地もすごく良いので、オススメです♪
下関へご旅行の際は、ぜひこちらへお泊りを♪
……いや、水城は別にホテルの回し者じゃないですからね(笑)!?


身軽になり、まずは唐戸市場へ。休日ということもあり、こんな感じですごい人込みでした。
唐戸市場

色々と見て回り、お昼ごはんを食べましょうか~と。
海鮮丼とか、お寿司とか揚げ物とか売っている通りにあるお店のうちの1軒に決定。
店先に並んでる好きなネタをトレイに取っていってお会計、というシステムです。
市場内の1階にも2階にもイートインスペースがありました。すぐ側には分別ゴミ箱、机には台拭きまで置いてあるのが親切です。
ちなみに、水城が選んだネタはこちら。

寿司

左から、タイ、大トロ、サーモン、生くじら、何か白身の魚(名前忘れました。シソ入り)、エビ。
大トロ、口の中で溶ける!
くじらも美味しい! お肉でいうと、サーロインじゃなくてヒレ肉とかな感じ!
くじらベーコンはそんな好きじゃなかったけど、この生くじらは好きかも!

新鮮なせいか、他のネタも普段食べてるのとは比べ物にならないくらい美味しかったです。
しかもどれもネタが大きくて、一口で食べると口の中がいっぱい。
頬張ったら、しばらくは何もしゃべれなくなります。
これで、安いものは1貫100円とかですから、行かれた際はぜひ召し上がることをオススメします!!


満腹になり、歩いて海響館へ。
所要時間……5分くらい? ものすごく近いです。
可愛い生き物だらけで、すごいテンション上がりました♪
10月だからなのか、館内はハロウィーン仕様でした。スタッフも仮装されてましたし。
ハロウィーン仕様

まずは最近オープンしたという、ペンギン村へ。
屋外の一角では、ペンギンと一緒に写真を撮ろう!というコーナー(※要事前申込。家族連れがほとんどでした)も。
屋内(写真下2つ)では、ガラス張りのトンネルみたいな水槽があり、頭上や足元をペンギンが泳いでくのが見れるという。
何だか不思議な感じがしました。そうだよね…ペンギンって鳥なんだよねーと実感しました。

ペンギン!
ペンギン2
飛んでるペンギン
あとは、イルカショーを見て盛り上がったり(最前列の人は水かぶってました。今の時期は寒そうだ…)。
写真も撮ったんですが、UPできるのはかろうじてこの1枚。他はことごとく決定的瞬間逃してるんです……。トロいよ水城。
イルカ2

館内を回ってて、個人的に「ええっ!?」と思ったのがこちらのタカアシガニのキャプション。
「美味しい」って…

「身は、みずみずしく蒸して食べるとおいしいと言われています」
……お い し い !?(笑)
いや、ここ水族館でしょ!? 食材みたいな説明するってどうなの!?
「……このカニ、寿命がきたら食べられるんでしょうか?」
「あー…そうなんじゃないですか? 水族館のカニって美味しいのかな?」
「野生のより栄養状態よさそうだし、美味しいんじゃないですかね」
 思わずこんな会話してしまいましたよ(笑)

おみやげもの屋さんで、ぬいぐるみにテンションが上がったりしながら、一旦ホテルに戻ってチェックイン。
夕方は、すぐ近くにあるカモンワーフ(ちょっとしたレストラン系やお店がある)へ。
雑貨屋さんをのぞいたりして、夕食はそこでフグを食べることに。
フグ!

フグ刺身!

雑炊とお刺身です♪ フグ刺初めてー!テレビで見るような薄作りが目の前に!とテンションの上がる水城。
ポン酢をかけて、いざ一口!

「……味、無くないですか?」
「そうですね……」

予想外の衝撃。
薄くてもしっかりとした歯ごたえはあるんですが、そんなに「美味しいっ!」と感じるような味がしない。もんのすっごく淡白です。「フグ刺は、そんな有り難がるような味じゃないよ」と母から聞いてはいたんですが。……ええ、まさにそんな感じでした。正直、何でこれが高いんだろうとすごく不思議。
雑炊の方が美味しかったです。魚介系のダシがきいた、すごく上品な味で。おかわりしたくなるくらいでした。

そして、駅前でカラオケで熱唱したりして、ホテルに帰ったのはまたもや深夜回ってたという(苦笑)
さすがに徹夜はキツイので、早々に寝ました。


<2日目>
10半過ぎにチェックアウト。モスバーガーでブランチ?を食べてから、フェリーで門司へ向かいました。
船内から撮った瀬戸大橋がこちら。
瀬戸大橋

そして、門司港駅から人力車に乗ることに。30分のコースで、海側を回ってもらいました。
巌流島が見えたり、トロッコ列車が走ってたり、アインシュタイン夫妻が泊まったという建物(1階部分は図書館)があったりと、色々とガイド付きで観光できるので面白かったです。
トロッコ列車

これが図書館ですって!?

名所をバックに写真も撮ってもらえますしね。いい記念になりました♪


駅で降ろしてもらい、歩いて門司港レトロへ。
その名の通り、レトロなレンガ造りっぽいお店が立ち並んでるので、眺めながら歩くだけでも楽しめます。
門司港が発祥の地だという、バナナの叩き売りもしていました。

門司港レトロ

クレープのお店で、季節限定だという「おいもンブラン」を食べました。
おいもンブラン

紫芋が使ってあって、優しい甘さでした~。けっこうボリュームあるので、実はこれがごはん代わりになったり。
外で食べてたら、私達を乗せてくれた人力車のお兄さんとすれ違いました。
目が合ってお互い「あ!」と(笑)
通り過ぎてから、「こいつらまだおったんや、とか思われましたかね」「のんびりしすぎですかね~」と2人で苦笑しました。

でもその後も、英国雑貨屋さんでアクセサリー類や紅茶など(写真参照。敷いてる英国旗はランチマット、銀のティーポットはメモスタンドです)を買ったり、オルゴール館をのぞいたり、パワーストーンとかも置いているアクセサリー店をのぞいたり、家や職場へのおみやげ(九州限定のお菓子)を買ったりと、買い物を楽しみました♪

英国雑貨屋戦利品♪
アクセサリー3点
ティーポット型メモスタンド

天気も良くて過ごしやすかった(少し暑いくらいでした)し、夕方までのんびりと観光して、夕方に新下関駅で解散。
休日のせいか、関西へ向かう新幹線は一旦小倉まで出ないと席が無いそうで。遠回りをさせて申し訳なかったです。


お会いするのは久しぶりだったですし、色んな話ができてよかったです。
とても楽しい2日間を過ごさせてもらいました♪
スポンサーサイト
17 : 25 | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<『五龍世界(ウーロンワールド)』『マリアビートル』『勝手にふるえてろ』『お茶が運ばれてくるまでに』読破! | ホーム | 「大神伝~小さき太陽~」プレイ日記2>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pastelnote.blog52.fc2.com/tb.php/149-a693552c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。