FC2ブログ
お勧め絵本
2010 / 11 / 25 ( Thu )
……これは「読書」カテゴリでいいのかな?
ジャンルとかテーマとかにもすごい悩んだんですが。
うちの図書館にあるお勧めの絵本を、2冊ほどピックアップです。


アヒルだってば!ウサギでしょ!アヒルだってば!ウサギでしょ!
(2010/04/30)
エイミー・クローズ・ローゼンタール、トム・リヒテンヘルド 他

商品詳細を見る


タイトルの通り、アヒルとウサギ、どっちにも見えるというだまし絵の絵本。
同じ絵でも、見方を変えるとアヒルに見えたりウサギに見えたりと、面白いです。
季刊誌に「子供向けの本の紹介を」と依頼された時、幼児向けにはこの本を選びました。
あと、読み聞かせに使っても子どもが喜ぶかもしれないなと思いました。「どっちに見える?」と聞いてみるのも楽しそう。
表紙を見せて絵本架に置いてると、貸出が増えます。今年度私が選書した本なので、カウンターに貸出に持って来られると、ちょっと…いや、かなり嬉しいですv



そのままのきみがすき Anniversary Editionそのままのきみがすき Anniversary Edition
(2010/10/01)
マックス・ルケード

商品詳細を見る


ロングセラー、なのかな? 同じくAnniversary Editionとして「たいせつなきみ」も出版されています。
でも個人的には、この「そのままのきみがすき」の方が好きでした。
王様から「養子にしたい」という話をもらった5人の兄妹の話。皆、得意なものを王様に披露しようと練習するけど、末の女の子は何も得意なものがなくて……という。
王様が末の女の子に向けて言う言葉は、精神的にしんどい時に読むとじわりと涙がにじみます。
ちょっと教訓めいている感じなので、どっちかっていうと子どもより大人向けかもしれません。
スポンサーサイト



22 : 49 | 読書 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ