FC2ブログ
右手が痛い。
2009 / 12 / 17 ( Thu )
……腱鞘炎が再発しました。親指動かしたら痛いです。ちくしょう。今日、あんな本気でCDの装備やるんじゃなかった。

うちの館、昨年度からCDの背ラベルの貼りかえやってるんですよ。ラベルの色と、アルファベット+数字の分類番号(クラシックならR0~10、日本の歌手のものはY9など)で分けるんですが。前のが今のラベルと違って見にくい上に手書きなので、はがしてからパソコンで印刷したやつを貼っていってるんです。
分類がおかしいもののの見直しとか、ケースの修理とかも平行してやるので、けっこう手間かかります。歌詞カードに付録のバーコード貼ったり、装備後には曲名を一つずつデータに入れていく作業もありますしね。

去年は主にデータ入力を手伝ってたんですが、今年から視聴覚資料の担当を任されたので、この作業を私が全部やることに。一番後輩ですからね、うん……拒否権はありませんよ。あはは……。

で、その装備なんですが。背ラベル貼るのに、まずCDケースを全部分解しなきゃいけないんです。

・ふたの部分を外す(つめの部分が折れないように気を遣う)
・CDがはめてある部分を取る(CD傷つけないように気を遣う)
・下から1センチのところに背ラベルを貼る(ズレないように気を遣う)
・その上からラベルキーパーを貼る(しわが寄らないように気を遣う)
・また全部組み立てて元通りにする(ホッと一息)

やってみてもらったらわかるんですけど、これけっこう握力いるんですよ!CDケースって、もともと分解することを前提としてないじゃないですか? しっかりはまってるから、力入れないと外れないんです。でもあんま乱暴にすると壊れるから、力加減が難しい。
こんなの何十枚もやってたら、そりゃ腱鞘炎にもなりますよ!労災だしてくれー!

しかもパソコン打ってデータ入れるのにも使いますからね、親指。タイトルとか発売元とか曲名とか入れていくんですが、ポップスならまだしも、クラシックは嫌になってきます。同じような曲名も多いですし。
一番嫌になったのが、忘れもしないR3「モーツァルト:ピアノ協奏曲(10枚組)」!!!

第1番 ヘ長調 K.37
第2番 変ロ長調 K.39
   ・
   ・
   ・
第23番 イ長調 K.488 まで。
計26曲を全部入れていったんですよ!
読み仮名も入れないといけないので、コピー&ペーストで編集とかもできない(というか二度手間になる)し!
CDの容量の関係か、微妙に順番変わったり(第17番のすぐ後に26番ってどういうことよ!?)してるし!
こいつどれだけピアノ協奏曲作ったら気が済むんじゃああああ!と、モーツァルトに本気で殺意が芽生えました(笑)

あと、R1の地獄の「交響曲」ゾーン。
モーツァルトもマーラーもチャイコフスキーも!!
みんなどれだけ交響曲作ったら気が済むんじゃああああ!!!!
と、内心で叫びながらパソコン打ってました。
最後の方になると、打ち間違いも多かったです。交響曲→皇居kyく とか。協奏曲→競争kyこう とか。疲れてくると指がまわらなくなります。

家のパソコンはノートなので、職場のよりもキーボード軽くていいです。
でもさすがに今日はしんどいので、薬塗って寝ます。あれ、べたべたするから嫌いなんだけどなあ…。
スポンサーサイト



23 : 59 | 図書館業務 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |